A country called Mali ( in Japanese )

10144

出典:今日のマリのTimbuctooのGoogle写真。

あらすじ:私が農村開発に携わってきた長年の間に私が訪れた、または住んだ国はそれぞれ異なります。マリも独特ですが、人々は貧困と絶望に悩まされ、心に触れます。彼らはより良い生活を志向する他の貧しい人々のようですが、彼らの夢は満たされないままです。何世紀も前、彼らはティンブクトーの教育と貿易の中心として栄光の名声を博していましたが、どんなに素晴らしいものであっても、過去に生きることができる人はいますか?

フランスの人口のわずか4分の1である、人口が1900万人でフランスの2倍の国を想像してみてください。 120万平方メートルの広大な国を想像してみてください。 kmsですが、そのほとんどは砂漠で、最も過酷な遊牧民だけが山羊や牛の群れによってかわいそうな生活を送っています。心を揺さぶる貧困と貧弱なインフラに夢中になっている国を想像してみてください。マリと呼ばれ、世界中のほとんどの人がマップでそれを見つけることは言うまでもありません。

 

Map of Mali

出典:マリの地図

しかしある日、農学者としてそこで働くように勧められたので、私は私のバッグを詰め、若い妻、男の子、そして生まれたばかりの娘と一緒に夏の猛暑の中でバマコの空港に到着し、子供たちを保護しようとしました脱水からそれらを救う熱。

空港は人がほとんどいない荒涼とした場所だったので、ぼろぼろでほこりっぽい到着エリアはさておき、退屈な警官がパスポートに無関心でスタンプを押し、そして国がそのような国だったので、なぜ誰もここに来るのに迷惑をかけるのだろうと思いました。貧困、病気、腐敗に満ちた荒涼とした場所。

私たちは、エレベーターがボアの皮に包まれたアミティエホテルと呼ばれるニジェール川の近くのホテルの巨大な怪物に追いやられました。他のホテルはかなり充実していて高額を支払っていたため、ここに外国人が滞在しました。エアコンは外の圧迫する暑さから解放されましたが、とにかく外を見るのはあまりありませんでした。川は涼しくて緑に見えて居心地が良さそうでしたが、ビルハルツや川の失明と呼ばれる病気を引き起こしている致命的な昆虫の幼虫が水を運ぶため、川での入浴は危険に満ちていることがすぐにわかりました。幼虫はあなたの体に入り、あなたの目に行き着き、失明を引き起こします。後で私は震えを与えたこの病気の人々を見ましたが、さらに悪いことはまだ来ていませんでした。

ホテルの後ろに、自転車のスピンドルとロープで作られた自家製の織機で、カラフルな綿の布を織り込んだ土にしゃがんでいる織り屋が4インチ幅の布を織るだけで、後で結合してより広い布地を作ることができます。後で手荒に作られたが、マリの荒々しさに独創性を見た外国人によって購入された様々な手工芸品を後で見るでしょう。

ダウンタウンに向かって歩き回ると、ゴミの悪臭と下水でいっぱいの側溝に襲われますが、マリの観光パンフレットでは、バマコを可愛らしい町と呼んでいます。甲状腺腫を隠すことができない、カラフルで形のないガウンを着た巨大なマリの女性が見えます。外国人が特に輸入チョコレートやアイスクリームを購入できる唯一の小さな店の周りにウニが集まっていますが、すぐに彼らの伸ばされた手を無視することを学びます。ほとんどがフランス製の路上を走る車は、マリがフランスの植民地であったことを思い出させるために、ほとんどが外国人によって運転されており、依然として彼らの影響下にあり続けています。

車の側面に記章のステッカーが貼られた多数の外国のNGOが運転する車の数に驚くでしょう。後であなたは彼らのいくつかに会い、彼らがマリで本当にしていることについて学びます。彼らは街の外のTrois caimansやLidoのようないくつかのレストランに集まります。なぜなら、ストリートフードを食べることは、胃の弱い人や、味わいのないマッシュドキャッサバやソルガムペーストが嫌いな人にとって危険であり、乾燥したマリアンダイエットの主力であるようです。あらゆる方向に強い悪臭を放つ燻製ナマズ。

私はここで新しい人でしたが、すぐにこの神を見捨てられた国の沖で何か不吉なことを思い起こさせる何かに気づきました。狂ったムスリムがビールを売っていた店主に侮辱と呪いを叫んでいるのを見たときのことです。誰も彼に注意を払わなかったが、それが将来いつか起こるであろう非常に悪い何かの始まりであるかもしれないと私に考えさせた。これについては、このブログの後半で説明します。

その後、南東に約400 km離れたシカッソに向かいますが、道路に車がほとんどないため、道路は運転可能です。シカソの真ん中にあるかなり広い町は、非常に限られた選択肢のメニューを提供しているレバノン人の仲間が運営するハエでいっぱいのぼろぼろのレストランで食事をするのをやめることができるBougouniです。嘆願の中で。彼らがハエでいっぱいの彼らの洗われていない顔は、彼らがほとんど成功せずに逃げようとするその範囲を示しています

あなたがすぐに慣れ始めるマリの貧困の。色とりどりのガウンと甲状腺腫の女性はあまり遠くにいないので、木陰でしゃがんで、残酷な熱を逃がしてハエを逃れるのを見ることができます。

3f2da98c288add5d5552617a44092ad3

出典:ロープで吊るされた巨大な金の装飾を持つフラニ女性のGoogle写真

通りに沿って、フラニ族の女性や他の人々が彼らが売らなければならないもので土の上に座る小さな市場があります。フラニ族の女性は、金が重いので、紐を頭に結んで持っている巨大な金のイヤリングを身に着けています。あなたはとても貧しい国でこの金の展示に驚かれることでしょうが、マリの歴史と天然資源におそらく気づいていないので、私はあなたに話します。

フラニスは、牛、羊、山羊を飼っている上記の遊牧民です。彼らは群れがよく動いて緑の草と水を探し、村の外に一時的な避難所を作ります。彼らは牛乳とバター、時には肉用の山羊と羊を販売しています。彼らはお金を節約し、女性のために金の装飾品を購入し、琥珀で作られたネックレスも購入します。彼らは銀行を信じていないので、彼らは遊牧民であるので、彼らのすべての富を彼らに運びます。

3a7daeb09b6ee95b01d20455fa7148d9 (2)

出典:琥珀と金のジュエリーを身につけたフラニ女性のGoogle写真

他のマリアン人は座りがちですので、彼らは互いに遠く離れているかもしれない茅葺き屋根の丸いまたは正方形の泥の家で作られた小さな集落の村に住んでいます。私は後でどのように離れているかを知ることになっていたが、私たちは滞在して働くことになっていた幹線道路だけに沿って南東にあるシカッソに行くそのような村を見た。

首都の郊外を離れるとすぐに気付くのは、幹線道路から離れたところに道路がないため、雨が降ると必ず通行できない村への未舗装の道路しかないことです。彼らの原始的な村には水も電気もありません。道路や小学校、ヘルスケアセンターですが、ほとんどのマリアン人はイスラム教徒であるため、マラが子供のためにコーラン学校を運営するモスクがあります。

People / Grain Storage / Village / Mali | SD Stock Video 854-091 ...

出典:穀物収納ビンの近くで村人が綿糸を紡いでいるGoogleの写真

道路からきちんと植えられた農場は見えませんが、小さな灌木や、ヒキガエルの糞と呼ばれるエーカーのシロアリ塚の無限の荒野が見えます。雄牛に引っ張られてプラウを飼っている農家もいるが、手作業で厳密に行われているため、大規模な農場はない。農家は低地で綿、トウモロコシ、モロコシ、ピーナッツ、および米を栽培しているため、トウモロコシとモロコシが主な食料源です。たんぱく質は、時々燻製の乾いた魚や鶏肉から作られます。彼らは家で紡いだ荒い綿の服を着ていますが、女性は下の部分を覆うためにサロンだけを着ている村で裸で胸を広げています。

マリは何世紀も前に栄えた大学で有名になった北のティンブクトーを通過したサハラ以南の交易路にある国でした。大学で学んだ学者だけでなく、多くの国からの品物を持ち込む豊かな貿易の中心地となりました。その図書館には、本、巻物、文書、古代の写本が豊富にあり、それらの一部はまだ存在していますが、老朽化し​​た棚にはボロボロの悲しい状態にあります。 Timbuctooは魅力と教育の中心としての地位を失いましたが、一部の貿易は以前と同様に続いています。そこに止まる塩を積んだラクダのキャラバンをまだ見ることができます。

Turareg festival near Djanet in the Hoggar mountains, Algeria ...

出典:アルジェリアのホガー山脈のトゥアレグのGoogle写真

ティンブクトゥの北には、トゥアレグ遊牧民がタマンラセットとマリとアルジェリアの間の地域に住んでいるホガー山に満ちたアルジェリアの南の国境に到着します。彼らはフラニの遊牧民のようで、全く違いがあります。彼らには、現在、南アルジェリアとマリで広がっているイスラム原理主義を生み出す暴力的な一線があり、流域とテロで地域全体を脅かしています。私が前に述べたバマコでののろいのイスラム主義者は、後に何千人もの命を奪うこの運動の始まりにすぎませんでした。

生活条件が厳しいほど、ジハード主義者が暴力と恐怖を利用してイスラムのブランドを広める熱心さを増し、マリが北の非常に厳しい生活条件を考えると理想的な戦場になったと言われています。ニジェール川はそこを上に曲がり、東のニジェールを通過し、魚と川の輸送ルートを提供しますが、他にはほとんどありません。彼らがそこで見つけた魚は、国内の他の地域へのより簡単な輸送のために乾燥され、燻製にされます。

マリは資源の乏しいと呼ばれていますが、いくつかの金の鉱床がいくつかの部分で見つかりました。フラニ族の女性は、私が世界で知っている誰よりも多くの金を運んでいますが、仕上がりは良くないままです。彼らが多くの琥珀を見つけた場所は知られていない。フラニス族は女性と動物の群れを銃で守ります。

南部はマラリアに風土病なので、マラリアの治療法があるため、人々は不必要に苦しんで死ぬ。私はビルハルジアと甲状腺腫の問題について述べましたが、他にも多くの種類のaiがあります  栄養不良、農村部での基本的なヘルスケアの欠如、存在しない道路や政府のサービスが遠隔地に到達するのを妨げる暗渠に起因する病気。人々は切り傷、あざ、または動物に刺されて死亡します。なぜなら、感染してしまい、遠くにある病院に連れて行くことができないからです。道路が悪いため、救急車はありません。

マリは、その巨大な規模と国を発展させるための資金の不足を考えると、国全体を統治するのに効果がない権威主義政府によって支配されています。あなたが目にする開発が何であれ、多くの場合、不十分な計画、不適切な実装、不適切な管理の結果です。多くの場合、ヨーロッパ人は、テレコムのように、マリのような非常に貧しい国のために維持するのにコストがかかる時代遅れの技術を彼らに引き継いでいます。その後、多くの形で来る腐敗があります。

私が個人的に知っていた腐敗の1つの形態は、彼らがリソースさえあれば、国のすべての問題に対する答えがあると信じていたいわゆる教育を受けたクラスの腐敗でした。彼らの傲慢には上限はなかったが、彼らは教育を受けたエリートであるという彼らの主張に実質を欠いていた。彼らの過ちは、彼らが問題に取り組む準備ができていない文盲の国での彼らの教育システムに遡ることができますが、それを認める人を見つけることは決してできません。

年に1度、全員が集まり、バマコにあるエアコン付きの豪華なホテルで国の問題について話し合いました。そこでは、長い困難な演説を行い、すべての問題を解決するための無限の解決策を提案し、儀式に合格し、仕事を終えたと考えました。渡された以前の決議が決して実施されなかったことは彼らにとって重要ではありませんでした。彼らは刺繍が施された大胆不敵な儀式に登場しました。彼らはスピーチをするために5時間の会議を持つことができましたが、何も実質的または具体的な解決策がなかったため、国は未開発、貧困、貧困のままでした。私はそれを同等のものがほとんどない知的腐敗と呼んだ。

その間、ジハード主義者たちは田舎に着実に進入し、放っておいてほしいだけの村人を意のままに殺したので、フランス政府はついにテロリストを粉砕するために軍事援助を送り、ミストのように姿を消して他の場所に再び現れた。彼らはヨーロッパ人が長く滞在しないことを知っていました、しかし彼らはより多くのトラブルを作成するために滞在するためにそこにいました。 Boko Haram、ISIS加盟組織、または他の人々のような他の場所の対応者は、彼らに厳しいイデオロギーを強制するために単純な人々の血を吸っていました。

異教徒を彼らの宗教のブランドに連れて行くことも決心した他の人がいました。彼らは、忍耐力で知られている彼らの宗教を広めるためにマリの最も遠い部分に侵入したクリスチャン宣教師と呼ばれます。

私は彼らが国、文化、信念体系、さらには衣服を変えるための陰湿な努力を黙っていた。彼らは、彼らが改宗した人々の数によって、そして彼らの汚れた貧しい主題における霊性の程度の観点から、彼らの進歩を数えただけでした。

maxresdefault (3)

出典:ドゴンダンサーのGoogle写真

ヨーロッパのフランス語圏では、マリの音楽、粗野な手工芸、ドゴンの国での部族の踊り、黒魔術、異教の儀式に魅了されます。マリの貧しい人々がどれほど原始的で色鮮やかであるかを示すために写真を撮る観光客を彼らにもたらしますが、彼らの生活は改善されず、汚れたままで後ろ向きのままです。

africa-mali-segou-along-the-niger-river-handicrafts-for-tourists-XBHG5X (2)

出典:マリの手工芸品のGoogle写真

このマリの話は、マリと同じ悲惨さを共有しているアフリカ諸国のどこか他の場所で繰り返されており、彼らは彼らの問題の解決策に近づきません。 NGOは、ほぼすべてのテーマに関する大量のデータを収集しますが、マリの問題を解決するための有用な貢献はできません。他のプロジェクトは出入りしますが、これまでに行った有用なことは何も残っていませんが、コンサルタントは、ブレーンストーミングセッションと呼ぶ外国人、車両、会議の数を増やす新しいプロジェクトの提案を続けていますが、マリの頭脳はそれほど簡単には襲撃できません。

マリの人々は貧しく貧困ですが、彼らにも熱望があり、より良い生活を望んでいますが、誰が彼らに明るい未来をもたらすでしょうか?彼らが取り残されている貧困の沼から彼らを連れ出すのは誰ですか?いつの日、彼らの離れた村に道路と基本的なサービスをもたらすでしょうか?答えはありません。

マリの詳細については、以下の自伝の第8章「西アフリカのマリの貧困」と呼ばれる自叙伝もご覧ください。

Shutten: Kyō no Mari no Timbuctoo no gūguru shashin. Arasuji: Watashi ga nōson kaihatsu ni tazusawatte kita naganen no ma ni watashi ga otozureta, matawa sunda kuni wa sorezore kotonarimasu. Mari mo dokutokudesuga, hitobito wa hinkon to zetsubō ni nayamasa re, kokoro ni furemasu. Karera wa yoriyoi seikatsu o shikō suru ta no mazushī hitobito no yōdesuga, karera no yume wa mitasa renai mamadesu. Nanseiki mo zen, karera wa tinbukutō no kyōiku to bōeki no chūshin to shite eikō no meisei o hakushite imashitaga, don’nani subarashī monodeatte mo, kako ni ikiru koto ga dekiru hito wa imasu ka?

Furansu no jinkō no wazuka 4-bun’no 1dearu, jinkō ga 1900 man-ri de Furansu no 2-bai no kuni o sōzō shite mite kudasai. 120 Man heihō mētoru no kōdaina kuni o sōzō shite mite kudasai. Kmsdesuga, sono hotondo wa sabaku de, mottomo kakokuna yūbokumin dake ga yagi ya ushinomure ni yotte kawaisōna seikatsu o okutte imasu. Kokoro o yusaburu hinkon to hinjakuna infura ni muchū ni natte iru kuni o sōzō shite mite kudasai. Mari to yoba re, sekaijū no hotondo no hito ga mappu de sore o mitsukeru koto wa iu made mo arimasen.

Shutten: Mari no chizu shikashi aru Ni~Tsu, nōgaku-sha to shite soko de hataraku yō ni susume raretanode, watashi wa watashi no baggu o tsume, wakai tsuma, otokonoko, soshite umareta bakari no musume to issho ni natsu no mōsho no naka de Bamako no kūkō ni tōchaku shi, kodomo-tachi o hogo shiyou to shimashita dassui kara sorera o sukuu netsu. Kūkō wa hito ga hotondo inai kōryō to shita bashodattanode, boroborode hokori ppoi tōchaku eria wa sateoki, taikutsuna keikan ga pasupōto ni mukanshinde sutanpu o oshi, soshite kuni ga sono yōna kunidattanode, naze dare mo koko ni kuru no ni meiwakuwokakeru nodarou to omoimashita.

Hinkon, byōki, fuhai ni michita kōryō to shita basho. Watashitachiha, erebētā ga boa no kawa ni tsutsuma reta amitiehoteru to yoba reru nijēru kawa no chikaku no hoteru no kyodaina kaibutsu ni oiyara remashita. Hoka no hoteru wa kanari jūjitsu shite ite kōgaku o shiharatte ita tame, koko ni gaikoku hito ga taizai shimashita. Eakon wa soto no appaku suru atsusa kara kaihō sa remashitaga, tonikaku soto o miru no wa amari arimasendeshita.

Kawa wa suzushikute midori ni miete igokochi ga yo-sa-sōdeshitaga, biruharutsu ya kawa no shitsumei to yoba reru byōki o hikiokoshite iru chimei-tekina konchū no yōchū ga mizu o hakobu tame, kawa de no nyūyoku wa kiken ni michite iru koto ga sugu ni wakarimashita. Yōchū wa anata no karada ni hairi, anata no me ni ikitsuki, shitsumei o hikiokoshimasu. Atode watashi wa furue o atae tako no byōki no hitobito o mimashitaga, saraniwaruikoto wa mada kite imasendeshita. Hoteru no ushiro ni, jitensha no supindoru to rōpu de tsukura reta jikasei no shokki de, karafuruna wata no nuno o orikonda tsuchi ni shagande iru ori-ya ga 4-inchi haba no nuno o oru dake de,-go de ketsugō shite yori hiroi nunoji o tsukuru koto ga dekimasu.

Atode teara ni tsukurareta ga, Mari no araarashi-sa ni dokusō-sei o mita gaikoku hito ni yotte kōnyū sa reta samazamana te kōgei-hin o ato de mirudeshou. Dauntaun ni mukatte arukimawaru to, gomi no akushū to gesui de ippai no sokkō ni osowa remasuga, Mari no kankō panfurettode wa, Bamako o kawairashī machi to yonde imasu. Kōjōsen-shu o kakusu koto ga dekinai, karafuru de katachi no nai gaun o kita kyodaina Mari no josei ga miemasu. Gaikoku hito ga tokuni yunyū chokorēto ya aisukurīmu o kōnyū dekiru yuiitsu no chīsana mise no mawari ni uni ga atsumatte imasuga, sugu ni karera no nobasa reta te o mushi suru koto o manabimasu.

Hotondo ga Furansu-sei no rojō o hashiru kuruma wa, Mari ga Furansu no shokuminchideatta koto o omoidasa seru tame ni, hotondo ga gaikoku hito ni yotte unten sa rete ori, izentoshite karera no eikyō-ka ni ari tsudzukete imasu. Kuruma no sokumen ni kishō no sutekkā ga hara reta tasū no gaikoku no ngo ga unten suru kuruma no kazu ni odorokudeshou. Atode anata wa karera no ikutsu ka ni ai, karera ga Mari de hontōni shite iru koto ni tsuite manabimasu. Karera wa machi no soto no Trois caimans ya rido no yōna ikutsu ka no resutoran ni atsumarimasu. Nazenara, sutorītofūdo o taberu koto wa, i no yowai hito ya, ajiwai no nai masshudokyassaba ya sorugamupēsuto ga kirainahito ni totte kikendeari, kansōshita mariandaietto no shuryokudearu yōdesu.

Arayuru hōkō ni tsuyoi akushūwohanatsu kunsei namazu. Watashi wa koko de atarashī hitodeshitaga, sugu ni kono kami o misute rareta kuni no oki de nanika fukitsuna koto o omoiokosa seru nanika ni kidzukimashita. Kurutta musurimu ga bīru o utte ita tenshu ni bujoku to noroi o sakende iru no o mita toki no kotodesu. Dare mo kare ni chūi o harawanakattaga, sore ga shōrai itsuka okorudearou hijō ni warui nanika no hajimaridearu kamo shirenaito watashi ni kangae saseta. Kore ni tsuite wa, kono burogu no kōhan de setsumei shimasu. Sonogo, nantō ni yaku 400 km hanareta shikasso ni mukaimasuga, dōro ni kuruma ga hotondo nai tame, dōro wa unten kanōdesu. Shikaso no man’naka ni aru kanari hiroi machi wa, hijō ni kagira reta sentakushi no menyū o teikyō shite iru Rebanon hito no nakama ga un’ei suru hae de ippai no boroboro no resutoran de shokuji o suru no o yameru koto ga dekiru Bougounidesu.

Tangan no naka de. Karera ga hae de ippai no karera no arawa rete inai kao wa, karera ga hotondo seikō sezu ni nigeyou to suru sono han’i o shimeshite imasu Anata ga sugu ni nare hajimeru Mari no hinkon no. Irotoridori no gaun to kōjōsen-shu no josei wa amari tōku ni inainode, kokage de shagande, zankokuna netsu o nigashite hae o nogareru no o miru koto ga dekimasu.

Shutten: Rōpu de tsurusa reta kyodaina-kin no sōshoku o motsu furani josei no gūguru shashin-dōri ni sotte, furanizoku no josei ya hoka no hitobito ga karera ga uranakereba naranai monode tsuchi no ue ni suwaru chīsana ichiba ga arimasu. Furanizoku no josei wa,-kin ga omoinode, himo o atama ni musunde motte iru kyodaina kin no iyaringu o mi ni tsukete imasu. Anata wa totemo mazushī kuni de kono kin no tenji ni odoroka reru kotodeshouga, Mari no rekishi to ten’nen shigen ni osoraku kidzuite inainode, watashi wa anata ni hanashimasu.

Furanisu wa, ushi, hitsuji, yagi o katte iru jōki no yūbokumindesu. Karera wa mure ga yoku ugoite midori no kusa to mizu o sagashi, mura no soto ni ichiji-tekina hinansho o tsukurimasu. Karera wa gyūnyū to batā, tokiniha niku-yō no yagi to hitsuji o hanbai shite imasu. Karera wa okane o setsuyaku shi, josei no tame ni kin no sōshoku-hin o kōnyū shi, kohaku de tsukura reta nekkuresu mo kōnyū shimasu. Karera wa ginkō o shinjite inainode, karera wa yūbokumindearunode, karera no subete no tomi o karera ni hakobimasu.

Shutten: Kohaku to kin no juerī o mi ni tsuketa furani josei no gūguru shashin hoka no Marian hito wa suwari-gachidesunode, karera wa tagaini tōkuhanarete iru kamo shirenai kayabuki yane no marui matawa seihōkei no doro no ie de tsukura reta chīsana shūraku no mura ni sunde imasu. Watashi wa atode dono yō ni hanarete iru ka o shiru koto ni natte itaga, watashitachiha taizai shite hataraku koto ni natte ita kansen dōro dake ni sotte nantō ni aru shikasso ni iku so no yōna mura o mita. Shuto no kōgai o hanareruto sugu ni kidzuku no wa, kansen dōro kara hanareta tokoro ni dōro ga nai tame, amegafuru to kanarazu tsūkō dekinai mura e no mi hosō no dōro shika nai kotodesu.

Karera no genshitekina mura ni wa mizu mo denki mo arimasen. Dōro ya shōgakkō, herusukeasentādesuga, hotondo no Marian hito wa Isuramu kyōtodearu tame, mara ga kodomonotameni kōran gakkō o un’ei suru mosuku ga arimasu. Shutten: Kokumotsu shūnō Bin no chikaku de murabito ga menshi o tsumuide iru gūguru no shashin dōro kara kichinto ue rareta nōjō wa miemasenga, chīsana kanboku ya, hikigaeru no kuso to yoba reru ēkā no shiroari dzuka no mugen no kōya ga miemasu. Osuushi ni hippara rete purau o katte iru nōka mo iru ga, tesagyō de genmitsu ni okonawa rete iru tame, ōkibona nōjō wanai.

Nōka wa teichi de wata, tōmorokoshi, morokoshi, pīnattsu, oyobi Amerika o saibai shite iru tame, tōmorokoshi to morokoshi ga omona shokuryō-gendesu. Tanpakushitsu wa, tokidoki kunsei no kawaita-gyo ya toriniku kara tsukura remasu. Karera wa ie de tsumuida arai wata no fuku o kite imasuga, josei wa shita no bubun o ōu tame ni saron dake o kite iru mura de hadaka de mune o hirogete imasu. Mari wa nanseiki mo mae ni haeta daigaku de yūmei ni natta kita no tinbukutō o tsūka shita Sahara-inan no kōeki-ji ni aru kunideshita.

Daigaku de mananda gakusha dakedenaku, ōku no kuni kara no shinamono o mochikomu yutakana bōeki no chūshinchi to narimashita. Sono toshokan ni wa, hon, makimono, bunsho, kodai no shahon ga hōfu ni ari, sorera no ichibu wa mada sonzai shite imasuga, rōkyū-ka shi ​​ta tana ni wa boroboro no kanashī jōtai ni arimasu. Timbuctoo wa miryoku to kyōiku no chūshin to shite no chii o ushinaimashitaga, ichibu no bōeki wa izen to dōyō ni tsudzuite imasu. Soko ni tomaru shio o tsunda rakuda no kyaraban o mada miru koto ga dekimasu.

Shutten: Arujeria no hogā sanmyaku no to~uaregu no gūguru shashin tinbukuto~u no kita ni wa, to~uaregu yūbokumin ga tamanrasetto to Mari to Arujeria no ma no chiiki ni sunde iru hogā yama ni michita Arujeria no minami no kokkyō ni tōchaku shimasu. Karera wa furani no yūbokumin no yō de, mattaku chigai ga arimasu. Karera ni wa, genzai, minami Arujeria to Mari de hirogatte iru Isuramu genri shugi o umidasu bōryoku-tekina issen ga ari, ryūiki to tero de chiiki zentai o odokashite imasu. Watashi ga mae ni nobeta Bamako de no noroi no Isuramu shugi-sha wa,-go ni nan sen-ri mo no inochi o ubau kono undō no hajimari ni sugimasendeshita.

Seikatsu jōken ga kibishī hodo, jihādo shugi-sha ga bōryoku to kyōfu o riyō shite Isuramu no burando o hiromeru nesshin-sa o mashi, Mari ga kita no hijō ni kibishī seikatsu jōken o kangaeru to risō-tekina senjō ni natta to iwa rete imasu. Nijēru kawa wa soko o ue ni magari, azuma no nijēru o tsūka shi,-gyo to kawa no yusō rūto o teikyō shimasuga, hoka ni wa hotondo arimasen. Karera ga soko de mitsuketa sakana wa, kokunai no ta no chiiki e no yori kantan’na yusō no tame ni kansō sa re, kunsei ni sa remasu. Mari wa shigen no toboshī to yoba rete imasuga, ikutsu ka no kin no kōshō ga ikutsu ka no bubun de mitsukarimashita.

Furanizoku no josei wa, watashi ga sekai de shitte iru dare yori mo ōku no kin o hakonde imasuga, shiagari wa yokunai mamadesu. Karera ga ōku no kohaku o mitsuketa basho wa shira rete inai. Furanisu-zoku wa josei to dōbutsu no mure o jū de mamorimasu. Nanbu wa mararia ni fūdobyōnanode, mararia no chiryō-hō ga aru tame, hitobito wa fuhitsuyō ni kurushinde shinu. Watashi wa biruharujia to kōjōsen-shu no mondai ni tsuite nobemashitaga, hoka ni mo ōku no shurui no ai ga Eiyō furyō, nōson-bu de no kihon-tekina herusukea no ketsujo, sonzaishinai dōro ya seifu no sābisu ga enkakuchi ni tōtatsu suru no o samatageru ankyo ni kiin suru byōki.

Hitobito wa kirikizu, aza, matawa dōbutsu ni sasa rete shibō shimasu. Nazenara, kansen shite shimai, tōku ni aru byōin ni tsurete iku koto ga dekinaikaradesu. Dōro ga warui tame, kyūkyūsha wa arimasen. Mari wa, sono kyodaina kibo to kuni o hatten sa seru tame no shikin no fusoku o kangaeru to,-koku zentai o tōchi surunoni kōka ga nai ken’i shugi seifu ni yotte shihai sa rete imasu. Anata ga menisuru kaihatsu ga nandeare, ōku no baai, fujūbun’na keikaku, futekisetsuna jissō, futekisetsuna kanri no kekkadesu.

Ōku no baai, yōroppa hito wa, Terekomu no yō ni, Mari no yōna hijō ni mazushī kuni no tame ni iji surunoni kosuto ga kakaru jidaiokure no gijutsu o karera ni hikitsuide imasu. Sonogo, ōku no katachi de kuru fuhai ga arimasu. Watashi ga kojin-teki ni shitteita fuhai no 1tsu no keitai wa, karera ga risōsu sae areba,-koku no subete no mondai ni taisuru kotae ga aru to shinjite ita iwayuru kyōiku o uketa kurasu no fuhaideshita. Karera no gōman ni wa jōgen wa nakattaga, karera wa kyōiku o uketa erītodearu to iu karera no shuchō ni jisshitsu o kaite ita.

Karera no ayamachi wa, karera ga mondai ni torikumu junbi ga dekite inai monmō no kuni de no karera no kyōiku shisutemu ni sakanoboru koto ga dekimasuga, sore o shitatameru hito o mitsukeru koto wa kesshite dekimasen. Toshi ni 1-do, zen’in ga atsumari, Bamako ni aru eakon-tsuki no gōkana hoteru de kuni no mondai ni tsuite hanashiaimashita. Sokode wa, nagai kon’nan’na enzetsu o okonai, subete no mondai o kaiketsu suru tame no mugen no kaiketsusaku o teian shi, gishiki ni gōkaku shi, shigoto o oeta to kangaemashita.

Watasa reta izen no ketsugi ga kesshite jisshi sa renakatta koto wa karera ni totte jūyōde wa arimasendeshita. Karera wa shishū ga hodokosa reta daitan futekina gishiki ni tōjō shimashita. Karera wa supīchi o suru tame ni 5-jikan no kaigi o motsu koto ga dekimashitaga, nani mo jisshitsu-teki matawa gutaitekina kaiketsusaku ga nakatta tame,-koku wa mikaihatsu, hinkon, hinkon no mamadeshita. Watashi wa sore o dōtō no mono ga hotondo nai chiteki fuhai to yonda. Sonoaida, jihādo shugi-sha-tachi wa inaka ni chakujitsu ni shin’nyū shi, hanatte oite hoshī dake no murabito o inomama ni koroshitanode, Furansu seifu wa tsuini terorisuto o funsai suru tame ni gunji enjo o okuri, misuto no yō ni sugata o keshite hoka no basho ni futatabi arawareta.

Karera wa yōroppa hito ga nagaku taizai shinai koto o shitte imashita, shikashi karera wa yori ōku no toraburu o sakusei suru tame ni taizai suru tame ni soko ni imashita. Boko Haram, ISIS kamei soshiki, matawa hoka no hitobito no yōna ta no basho no taiō-sha wa, karera ni kibishī ideorogī o kyōsei suru tame ni tanjun’na hitobito no chi o sutte imashita. Ikyōto o karera no shūkyō no burando ni tsurete iku koto mo kesshin shita hokanohito ga imashita. Karera wa, nintai-ryoku de shira rete iru karera no shūkyō o hiromeru tame ni Mari no mottomo tōi bubun ni shin’nyū shita kurisuchan senkyōshi to yoba remasu.

Watashi wa karera ga kuni, bunka, shin’nen taikei, sarani wa ifuku o kaeru tame no inshitsuna doryoku o damatte ita. Karera wa, karera ga kaishū shita hitobito no kazu ni yotte, soshite karera no kegareta mazushī shudai ni okeru reishō no teido no kanten kara, karera no shinpo o kazoeta dakedeshita.

Shutten: Dogondansā no gūguru shashin yōroppa no furansugo-kende wa, Mari no ongaku, soyana te kōgei, dogon no kuni de no buzoku no odori, kokumajutsu, ikyō no gishiki ni miryō sa remasu. Mari no mazushī hitobito ga dorehodo genshi-tekide iro azayakadearu ka o shimesu tame ni shashinwotoru kankōkyaku o karera ni motarashimasuga, karera no seikatsu wa kaizen sa rezu, yogoreta mama de ushiromuki no mamadesu.

Shutten: Mari no te kōgei-hin no gūguru shashin kono Mari no hanashi wa, Mari to onaji hisan-sa o kyōyū shite iru Afurika shokoku no doko ka hoka no basho de kurikaesa rete ori, karera wa karera no mondai no kaiketsusaku ni chikadzukimasen. Ngo wa, hobo subete no tēma ni kansuru tairyō no dēta o shūshū shimasuga, Mari no mondai o kaiketsu suru tame no yūyōna kōken wa dekimasen. Hoka no purojekuto wa deiri shimasuga, kore made ni itta yūyōna koto wa nani mo nokotte imasenga, konsarutanto wa, burēnsutōmingusesshon to yobu gaikoku hito, sharyō, kaigi no kazu o fuyasu atarashī purojekuto no teian o tsudzukete imasuga, Mari no zunō wa sorehodo kantan ni wa shūgeki dekimasen.

Mari no hitobito wa mazushiku hinkondesuga, karera ni mo netsubō ga ari, yoriyoi seikatsu o nozonde imasuga, dare ga karera ni akarui mirai o motarasudeshou ka? Karera ga torinokosa rete iru hinkon no numa kara karera o tsuredasu no wa daredesu ka? Itsu no hi, karera no hanareta mura ni dōro to kihon-tekina sābisu o motarasudeshou ka? Kotae wa arimasen. Mari no shōsai ni tsuite wa, ika no jiden no dai 8-shō `Nishiafurika no Mari no hinkon’ to yoba reru jijoden mo goran kudasai.

Chū: Watashinoburogu wa furansugo, Supeingo, doitsugo, nihongo no gengo demo teikyō sa rete imasu.

注:私のブログはフランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語の言語でも提供されています

Mis blogs en espagnol

Blogs von Anil in Deutsch

Blogs in English

My blogs at Wix site

tumblr posts    

Blogger.com

Medium.com

Anil’s biography in English.

Biographie d’Anil en français

La biografía de anil en español.

Anil’s Biografie auf Deutsch

Anil’s biography in Japanese

Биография Анила по-русски

Subscribe

One thought on “A country called Mali ( in Japanese )

Comments are closed.